ブランディング動画で感情を揺さぶるには?映像企画のコツと業者の選び方

 

ブランディング動画を制作したいが、どうすればよいかわからない人も多いのではないでしょうか。

ブランディング動画は視聴者にとっての企業の価値を高め、結果的に売り上げアップにもつながるような成果を残すことも多くあります。

そこでこの記事ではブランディング動画とはどんなものなのかというところから、企画の立て方や制作会社の選び方までご紹介します。

ブランディング動画はなぜ重要?映像の「心を動かす力」とは

ブランディング動画の目的は何だと思いますか?「認知度を上げるため」と答えた方は間違っています。

ここで改めてブランディング動画とは何なのか、確認しておきましょう。

ブランディング動画とは

ブランディングとは、ブランドへの共感や信頼感を生み出すことです。ブランディングは、商品の購入決定をする際の大切な要素となっています。

住宅や自動車などの高額商品であれば、よりその傾向は強くなるでしょう。

ブランドの理念やビジョン、世界観などを丁寧に訴求し、消費者とブランドのつながりを強化する役割を担うのがブランディング動画です。

視聴者の心を動かし、ブランドへの共感・信頼感を育む目的を持っています。

ブランディング動画には「感情を動かす力」がある

動画には感情を動かす力があります。その理由は以下の2つです。

  • 写真や文章よりも印象に残る
  • 伝えられる情報が多くわかりやすい

視聴者の感情を動かし、ブランドへの共感や信頼感を生み出すのです。

そして、感情が動けば行動に移りやすくなるので、動画の場合はSNSで拡散してもらえやすくなります。また、最終的には購買への影響も生み出すのです。

このようにブランディング動画は「知名度を上げる」という目的ではなく、消費者に「価値を認識してもらう」ことが目的となっています。

コンテンツ型の動画との違い

同じように企業が出す動画として「コンテンツ型動画」というものがあります。

コンテンツ型は情報を与えて役に立つためのものであり、実用度で会社の信頼を得ることができるものです。

こちらは「共感」「感動」ではなく、具体性やわかりやすさが重要な実用的な動画なので、目的が全く異なります。

自社にはどちらが必要なのかをよく考え、制作する際にごっちゃにしないようにしましょう。

「見たことのない映像」をつくる!成功するブランディング動画の法則

ブランディング動画を成功させるためには、法則があります。こちらの法則を意識しながら企画をつくるようにすると、成功の確率が上がるでしょう。

どこかで見たことのあるような映像はダメ

ブランディング動画はストーリーや映像そのものの衝撃度で差をつける必要があります。よくあるような映像は見てもらえないのです。

成功するブランディング動画はストーリー、もしくは映像に、必ず衝撃的なポイントが隠されています。

共感や感動を生む物語がある

共感や感動を生む動画がFacebookやYouTubeで多く再生されます。

自社だからこそ語れるストーリーを見つける企画力が重要です。そのようなストーリー作りが得意なプロとしっかりと連携すると見つかるかもしれません。

明確な目的を持つことが重要!ブランディング動画をつくる手順

人の感情を動かすようなブランディング動画は、どうすればつくれるのでしょうか。

成功するブランディング動画をつくる手順をまとめたので、参考にしてみてください。

自社のターゲットを決める

こちらは「ブランディング」にもそのまま関係することです。ターゲットユーザーを決め、環境分析(3C分析、SWOT分析、PEST分析)を行ってください。

自社や競合の強み・弱みや置かれている環境、競合との差異、顧客のニーズを明文化し、自社はどんなターゲットに価値を認識してもらいたいのかを明確に定めましょう。

ブランドコンセプトを決める

ターゲットユーザーがブランドにどんなイメージを持ってほしいかを考えてください。

自社ブランドが消費者に訴求できる武器の棚卸をしながら、イメージを具体化していきましょう。

ターゲットとコンセプトに合ったメディアを決める

メディアによってユーザー特性や予算なども変わるので、それらを見極めて、ターゲットにあったメディアを選定しましょう。

この段階で、動画という形態が必ずしもベストというわけではないことも理解しておいてください。

なぜ動画である必要があり、その動画の中でもこのメディアが有効なのか、狙いを明確にしておく必要があります。

ブランディング動画を通して伝えたいメッセージを決める

ブランディング動画を目にした人にどんな印象を与えたいのかを明確にしたら、そこから逆算して企画を立てましょう。

共感や感動を生むストーリー、自社ならではのもので、他の人の目を惹きつけることができる見たことのない映像はないかを考えてください。

企画の段階ではプロの力を借りた方が良い

自社で何を伝えたいかを明文化するのは難しい作業です。

この棚卸の部分から広告代理店や企画が得意な映像業者に手伝ってもらった方が、良い作品ができる可能性は高くなります。

ブランディング動画を制作する業者の選び方!3つのポイント

ブランディング動画は素人が自作するのはおすすめしません。

素人には人の心を動かしたり、ブランドイメージを表現するようなクオリティの動画をつくることは難しく、カメラアングル、照明などの専門知識や企画力が必要となります。

ブランディング動画をプロに依頼するときに、注意すべきポイントは以下の3点です。

  • 企画力
  • 撮影・編集技術
  • 価格

見る人の心を動かす物語をつくる「企画力」

ヒアリングを通して、物語をつくってくれる企画力に優れた映像業者がおすすめです。

サービスの持つ暖かみや、人間性などを伝えたいときに企画力のある業者であれば、脚本という形に具現化してくれます。

共感・感動を呼び、拡散を狙えるコンテンツをつくることができるようになります。

制作実績を見て、自社が目指す印象作りに合う業者を探すのがおすすめです。

・おすすめ業者:LOCUS

LOCUSはブランディング動画の制作実績が豊富で企画力がウリの会社です。

企業やブランドのパートナーとなり、ブランドの価値や理念を的確に捉えた上で、それを効果的に訴求する動画企画へと形にしてくれます。

予算に合わせて、最大限メッセージを伝える動画を制作してくれるので、安心して相談できて、おすすめです。

見たことのない景色を撮影する「撮影・編集技術」

絶景や独特の視点の風景など、映像の衝撃度や美しさで勝負できる場合は撮影や編集技術にこだわった方が良いでしょう。

見せたい映像が何かを明確に決めて業者を選ぶ必要があります。

おすすめ業者:SCENE

「SCENE」はテレビCMなど多数手がける映像制作会社です。

入念なヒアリングをしたうえで企画を立ててくれるのが特徴で、コンセプト作りから手伝ってくれます。

予算に応じて撮影機材も自由自在に対応可能で、CGの対応も可能です。

低コストでも制作を実現する「価格」

ブランディング動画は高額の費用がかかってしまいがちです。

もちろん、コストをかけた方が美しい映像を撮影しやすいでしょうが、低コストの中でも工夫すれば成功する映像は制作できます。

そのため、中小企業でもブランディング動画にチャレンジする価値は十分にあり、伝えたいメッセージがあるのにコスト面で諦めるのはもったいないのです。

おすすめ業者:グローバル・ジャパン・コーポレーション

グローバル・ジャパン・コーポレーションは、ブランディング動画の制作実績が豊富な業者で、10万円からしっかり作りこんだ動画が作れます。

自社の提供素材との組み合わせなら3万円からも可能です。

予算を削って、高品質な映像制作ができる業者だと言えます。

SNSで拡散が狙えるブランディング動画は価値が高い

映像は、人の感情を動かしやすいものです。

ブランディング動画は視聴者にとっての企業の価値を高め、結果的に売り上げアップにもつながります。

昔ならテレビCMしかできなかったような手段が、SNSで安価に取り組めるようになりました。

企業の大小にかかわらず、伝えたいメッセージが明確な会社ほど、挑戦する価値があると言えるでしょう。

ぜひブランディング動画にチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です