動画制作会社の選び方がわからない!依頼業者を決める3つのポイント

 

「動画制作会社って、どこも同じように見える…。」

制作会社の選び方で注意すべきところはたったの3つです。これを知っているか知らないかだけで、いい映像制作会社と出会う確率は大幅に上がるのです。

そこでこの記事では、動画制作会社の選び方でどこに注目すべきなのかをご紹介していきましょう。

動画制作会社の3つの選び方

動画制作会社を選ぶときにどのような点に注目すればよいのでしょうか。
とくに注目した方がよいポイントは以下の3つです。

映像制作実績で選ぶ

映像制作実績を見れば、その会社がどのくらいのクオリティーの映像を制作できるのかが分かります。

映像制作実績を公開していない会社は問い合わせて尋ねてみましょう。

また、過去に制作した映像が自分が求めるようなものなのかを確認してください。会社の規模や実績以上に現在求めている映像表現ができそうかどうかが重要です。

目的にマッチした映像制作会社を選ぶ

映像制作と一口に言ってもいろいろな目的があります。

広告で使う場合もあれば、結婚式の演出で使う場合もあるでしょうし、記録としてセミナーの映像をただ撮影するだけという場合もあるでしょう。

それぞれの目的に沿った対応ができるかどうかをしっかりと見極め、実績のある映像制作会社を選んでください。

料金で選ぶ

映像制作の料金設定はピンキリであり、価格差が非常に大きくなっています。そのため、合い見積もりをとって、比較することが大切です。

見積もりをとるときは、双方に同じ内容を伝え、単に価格だけを見るのではなく、企画内容・サービス内容も比べてください。

安いところは撮影・編集のみの料金で算出されている場合もあるので注意しましょう。

企業の動画広告を作る場合の動画制作会社の選び方

  • 企画力
  • 広告映像の制作実績
  • 価格

企業の動画広告はブランディング目的なら共感・感動重視、販売促進目的なら商品訴求力重視となります。

企業の狙いを映像企画の形に具現化できる企画力を持った動画制作会社に依頼すれば、よい動画ができる可能性は高まるのです。

そのため、広告映像の制作実績が豊富で、過去の制作動画で企業の狙うイメージの映像が得意なのかどうかを見極める必要があります。

企画力・実績のデータがあるうえで、相見積もりを取って価格を比較しましょう。

コンテンツマーケティングを行う場合の動画制作会社の選び方

  • 映像編集力
  • 映像コンテンツ制作実績
  • 価格

コンテンツマーケティングを行う場合、動画は視聴者に有益な情報をわかりやすく伝えることが重要となってきます。

そのため、楽しんで継続して見てもらえるような映像制作能力のある制作会社にお願いすべきです。

映像コンテンツの制作実績を見て、イメージに合う会社を選びましょう。実績、編集力をしっかり見極めた上で相見積もりを取って価格を比較してください。

社内用の記録動画やセミナー動画をつくる場合の動画制作会社の選び方

  • 価格
  • 記録動画の制作実績
  • 信頼感

社内用の記録動画やセミナー動画の場合は、聞き取りやすかったり、見やすかったりすれば、特別高度な技術は必要ありません。

業者であればプロなので、基本的な撮影技術については問題ないことが多く、価格の安さを重視して選んで大丈夫です。

ただ価格に偏り過ぎると、粗悪な業者に当たってしまうこともあるので、過去の制作実績や信頼できるかどうかは注意して選ぶ必要があります。

ただし、セミナー動画でコンテンツマーケティングを行う場合は別です。コンテンツマーケティングを行う場合は映像編集力の高い業者に頼んだ方が良いので注意しましょう。

結婚式の演出に使う場合の動画制作会社の選び方

  • 価格
  • 結婚式動画の制作実績
  • 企画力

動画制作会社の価格はピンキリなので、結婚式で動画に割ける予算を決めた上で業者を探してください。結婚式の動画を制作した実績が豊富な会社が安心です。

結婚式でゲストをあっと驚かせるような映像を流したい場合は、結婚式の映像に特化した業者に依頼すれば企画力が豊富でアイディアをたくさん持っています。企画力があり、結婚式の撮影に慣れている会社に依頼しましょう。

目的によって動画制作会社の選び方は異なる

動画制作は目的によって、重要となる点がまったく違います。

どの動画制作会社にも得意分野がありますので、その得意分野を動画制作の目的と照らし合わせながら、適切な業者を選びましょう。

この記事を参考に満足できる動画を制作してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です