今すぐ始められる!マネタイズを意識して動画で稼ぐ8つの方法

現代は動画の時代です。インターネットの発達により、テレビを介さずとも動画に触れる機会が格段に増え、様々な広告に動画が起用されるようになっています。

あなたも、街を歩くときはもちろん自宅にいる場合であっても動画に触れる機会は増えたのではないでしょうか。

このように現代における情報伝達手段として大きな注目を集める動画ですが、まだまだ多くの個人や企業は動画をビジネスに上手く活かすことができていません。

そのため動画ビジネスはこれからどんどん拡大していくことが予想されるのです。

そこで、今回の記事では「動画で稼ぐ」と題して、

  • 現代に動画が求められる2つの理由
  • 動画を作成できる人材の不足
  • 現代における10種類の動画ビジネ
  • 動画をビジネスにするマネタイズの感覚
  • 動画ビジネスに向いている人

について紹介していきます。動画で稼ぐ、動画をビジネスにすると聞くと「どうせ素人には無理だろう」と思うかもしれません。しかし、それは誤りです。

一口に動画ビジネスといっても内容は様々であるため、あなたに向いたビジネスがきっと存在します。

こうした「自分に向いた動画ビジネス」を見つけることで、今は素人であっても将来的にお金を生むことにつなげられるのです。

あなたも動画ビジネスの種類とマネタイズの感覚を理解して、あなただからこそできる動画ビジネスを見つけてみてください。

今「動画」が求められる2つの理由

冒頭でも述べましたが、現代は動画の時代です。

記事のはじめでは、今の時代なぜ動画が求められるのかを解説していきます。ここで動画ビジネスの明るい未来を知って、あなたに合った動画ビジネスを見つけるモチベーションを高めてみてください。

誰もが常に動画に触れることのできる環境の確立

現代が動画の時代である理由の一つ目は、誰もが日常的に動画に触れることのできる環境が構築されているというものです。これにはインターネットの発展とスマートフォンの浸透が大きく関係しているでしょう。

インターネットは4Gが当たり前の時代になり、文章や画像と比較して容量の大きな動画であってもストレスを感じることなく視聴できるようになりました。

そして、大きな画面を携帯できるスマートフォンの登場により、動画視聴環境がさらに整ったのです。 

それこそインターネットとスマートフォンが今ほど発達する前は、人が動画に触れるのはテレビがほとんどでした。つまり企業はテレビCMを利用するくらいしか動画による宣伝広告ができなかったのですね。

そこにインターネットとスマートフォンが登場し、消費者が街を歩きながら企業の動画広告を見る環境ができあがったのです。

このように現在は消費者が日常的に動画に触れることのできる環境こそ整いましたが、企業の中に広告のための動画を制作する人材が不足しています。

特に中小企業は動画作成のできる人材を内製化していないため、動画広告を本格的に考える場合は外部の人材に頼らざるを得ません。

そして中小企業であっても、戦略的なマーケティングのために動画を活用しなければならない場面は増えていくことが予想されます。

つまり、これから動画ビジネスを始めるのであれば市場にニーズは確実に存在するのです。

動画でお金を稼ぐのであれば、今から始めることでアドバンテージを獲得することができるのですね。

動画の持つ圧倒的な情報量

インターネットとスマートフォンの発達が大きく関係しているとはいえ、動画がここまで人々の日常生活に浸透したことには、動画の持つ圧倒的な情報量が関係しています。

今まで文章や画像で表現していたものの中に、動画でこそより効率的かつ深く表現できるものがあったのですね。そのため動画がここまで使われるようになりました。

人は情報の約9割を視覚から得るとされています。この点において、画像は文章よりも情報伝達手段として一定の優位性を持っていました。

例えば、会社の組織図などは文章で羅列するよりも1枚の画像で表現した方が伝わりやすくなるでしょう。しかし画像よりも文章の方が一度に大量の情報を表現できるのも事実です。

そして、動画は文章と画像のハイブリッドなのです。具体的には、文章で伝達していたものは音声として動画に組み込むことができ、それと並行して画像を動画の中で表示していくこともできます。

このように従来の文章と画像だけではできなかった表現にこそ動画の強みがあるのです。

一定の量を有する情報をわかりやすく伝えることを考えた場合、動画には大きなアドバンテージがあるということができます。

先ほども述べましたが中小企業はまだまだ動画による広告宣伝が十分にできていません。

これは裏を返すと、中小企業の中には動画を利用した広告宣伝を行って同業他社との差別化を図ろうと考えている会社が存在していることにつながります。

こういったニーズを適切に拾っていくことができると、動画ビジネスでお金を稼いで生きていくことができるのですね。

ここまで現代において動画が求められる理由について紹介しましたが、市場におけるニーズとは裏腹に企業の求める動画を作成できる人物はまだまだ足りません。次は動画を作成できる人材の不足について解説します。

動画を作成できる人材の不足

ここまで解説したとおり、現代はまさに動画の時代です。そして多くの企業が動画をより良い形でビジネスに利用したいと考えています。しかし、企業が求める動画を作成できる人物はまだまだ少ないのが現状です。

これは中小企業が動画を広告宣伝の一つの手段として本格的に考えるようになって、まだ間がないためということができます。

そのため今から動画ビジネスを本格的に学ぶことは、将来的なアドバンテージを得ることにつながります。昨

今はクラウドソーシングなど個人であっても企業の仕事を探すことのできる場も増えているため、動画ビジネスを副業にすることは非常に現実的な手段なのです。 

そして動画ビジネスに実際に触れる中で、あなたに合った働き方を見つけることができれば、最終的に動画ビジネスで起業することも夢ではありません。

はじめのうちは動画で食べていくなど想像もできないかもしれませんが、今でこそ動画制作会社を運営している私もはじめは当然ながら動画の素人でした。

動画で稼ぐ方法8選

それでは、ここからは動画ビジネスの種類について解説していきます。あなたも、自分に合ったものをぜひとも見つけてみてください。

はじめに、こらから紹介していく動画ビジネスについて、ビジネスとして始める際のハードルの高さを確認してみましょう。以下の表をご覧ください。

難易度

方法

初心者向け

対談撮影

初級者向け

セミナー撮影

中級者向け

お客様の声撮影

Youtubeチャンネル構築

上級者向け

WEBプロモーション撮影・編集

WEBセミナー配信

動画会員サイト作成

動画コンサル

このように一口に動画ビジネスといっても難易度は様々です。簡単なイメージとしては、撮影や編集に技術を要するものはビジネスにする難易度が高いと考えておいてください。

それこそ激しい動きのあるスポーツの動画撮影や、編集が大きな影響を及ぼすCMなどのプロモーション動画は難易度が高くなります。

一方で操作説明動画やセミナー動画は、原則として時系列で動画を進める必要があるため大きな編集作業が必要になりません。

こうした動画ビジネスの方が初心者は参入しやすいでしょう。それでは、以下では10種類の動画ビジネスについて簡単に解説します。

 WEBプロモーション撮影、編集

 WEBプロモーション撮影・編集は動画ビジネスの中でも難易度の高いものとなります。これらの作業では、はじめに素材集めを行います。

この中でプロモーションに起用するタレントや、撮影する場所も綿密に企画されていきます。つまりプロモーション動画作成においては、企画が非常に重要になるのです。

そして企画に沿って動画素材を撮影します。場合によっては撮影だけで数週間をかける場合もあります。

そして素材が集まったところで編集を行っていきます。プロモーション動画には時系列などの概念が必要ないため集めた素材を繋ぎ合わせて、クライアントの商品・サービスなどをいかに消費者に印象づけるかが大切となります。

こうしたプロモーション動画作成はセンスが重要にも思われます。たしかに一定のセンスや企画力は成果物の質を大きく高めます。

しかし、一から百まですべてセンスでまかなっているわけではなく、他の動画ビジネスで得た経験や技術が質の高いプロモーション動画につながる側面もあります。

そのため初心者にはハードルが高いものですが、他の動画ビジネスで経験を積みながらプロモーション動画に携わることのできる機会を待つのも良いでしょう。

対談撮影

難易度

★★☆☆☆

必要なスキルと機材

カメラ、ピンマイク

ビジネス例

プロ投資家同士の対談を映像化

対談撮影は動画ビジネスの中では比較的難易度の低いものとなります。対談をする複数の人物を撮影することが動画の目的なので、後から時系列に関係のない自由な編集をすることはありません。

しかし画面の中にすべての登場人物を常に映すのか、複数のカメラで登場人物の一人ひとりを撮影して後から編集でつなぎ合わせるかは場合により異なります。

対談であれば動きを撮影する必要はほとんどないため、カメラとマイクの設置場所に注意することで動画撮影を成功させることは決して難しくないでしょう。

私たちも対談撮影をする機会があるので、そこに付き添っていただくかたちで現場の経験を得ることができれば、すぐにでもクラウドソーシングなどで仕事の依頼を探すことのできるジャンルとなります。

WEBセミナー配信(ウェビナー) 

WEBセミナー撮影は、WEB掲載用のセミナー動画を撮影するものです。そのためセミナー撮影と基本的な部分は共通しています。

完全にWEB配信用のコンテンツを作成する場合は、画面の中心にスライドを映して、セミナー講師の話はワイプで画面の隅に映すような編集が必要になるケースもあります。

こうしたWEBセミナー配信では、動画撮影のみならず配信まで行うところに大きな特徴があります。

そのため撮影機材の他に配信用のソフトが必要になるのです。さらに、生配信を行う場合は生中継の知見が必要となります。

通常のセミナー撮影よりも難易度は高くなるので、一定の経験を積んでから挑戦すべきジャンルとなるでしょう。

お客様の声撮影

お客様の声撮影では、以下の要素が難易度を大きく変えます。

  • 撮影に従事する人数
  • インタビュー内容を考えるか否か

一人でインタビュー内容まで考えて撮影する場合は、それなりの難易度になります。

撮影する画そのものはシンプルで良いのですが、インタビュー内容を練るところが難しいのですね。

インタビュイー(インタビューをされる人)に近しい人が質問項目などを考えてくれると、内容の濃いインタビューを実現することができます。

お客様の声は文章でもよく使われますが、動画で作成することで真実性が高まります。

ただしあまり大袈裟に効果や機能をほめたたえると真実性がかえって阻害されるので、インタビュイーの話し方についてアドバイスできるとさらに良くなるでしょう。

セミナー撮影

WEBセミナー配信は昨今ニーズの高まりを見せている分野の動画ビジネスです。それこそ個人であっても投資が必要になる時代なので、投資系のセミナーを配信したいという投資家が増えているのですね。

また投資のみならずビジネス系のセミナーも増えてきており、ぜひとも動画ビジネスの第一歩として検討してほしいジャンルになります。

セミナー撮影も時系列に沿ってセミナー講師を撮影することがメインであるため、高い編集技術は求められません。

しかし撮影しているセミナーをリアルタイムでネットに流す場合は、配信用の機材やソフトが必要になるので注意してください。

動画会員サイト作成

動画会員サイトを作成する場合は、ユーザーの満足度を高める工夫が必要になります。

それこそYoutubeのリンクをひたすら貼り付けてもサイトは作成できまずが、それならばはじめからYoutubeを見れば良いと思わせてしまいます。

あなたが厳選する動画の種類を明確にして、その動画を求めるユーザーをターゲットにしていく必要があるでしょう。

またサイトを作成する必要があるので、動画撮影とは違ったスキルも求められます。

しかしゼロからプログラミングでサイトを作る必要はなく、Wordpressなどのテンプレを利用して、あなたの好みのサイトを作っていきましょう。

さらにサイトを運営するためには、ユーザーアカウントの管理も重要です。特にコンテンツに一定の機密性がある場合は、セキュリティ対策にも気を配らなければなりません。

またサイトを荒らす行為をするユーザーのアカウントを凍結するようなケースもあるはずです。

動画撮影のスキルだけでできるものではありませんが、ターゲティングのしっかりした動画サイトを作成できると、大きな広告収入が期待できます。 

動画コンサル 

様々な動画ビジネスを経験し、マネタイズまでできるようになると見えてくるのがコンサルの道です。つまり企業や個人から依頼を受けて、動画を中心に据えた広告宣伝活動についてコンサルティングをしていくこととなります。

コンサルを手掛けるようになると動画撮影自体は外注するケースもありますが、動画ビジネスについての広い知識と経験が必要です。

これからの時代、動画コンサルとして企業からスポットで依頼を受けて活躍する場面が増えてくるでしょう。

YouTubeチャンネル構築 、アドセンス収入

YouTubeチャンネル構築およびアドセンス収入は、いずれも広告収入を目的とした動画コンテンツを作成するものとなります。

そのため動画コンテンツの内容は人の興味を引くものであれば何でも構いません。

他の動画ビジネスがクライアントの依頼ありきで成り立つものであるのに対して、広告収入を目的とした動画ビジネスは自由にコンテンツを作成できるところに面白さがあります。 

例えば現代ではYouTuberが自身で出演するかたちで面白い動画を作成し、それを見るためにYouTubeに人が集まっています。

そして、そこに集まった人に宣伝しようという企業の広告を、Googleを経由してYouTuberのチャンネルに貼り付けるのです。こうしてYouTuberは広告収入を得ることができるという仕組みです。 

動画を仕事にする際に大切なマネタイズの感覚

さて、ここまで10種類の動画ビジネスを紹介いたしましたが、あなたに合ったものをイメージすることができたでしょうか?

このように動画ビジネスには豊富な種類があります。しかし、動画撮影・動画編集の技術だけを身に着けても、それをビジネスとして収入につなげることができなければ意味はありません。

つまり「マネタイズの感覚」が非常に重要なのです。映像系の専門学校は撮影などの技術は教えてくれますが、マネタイズの部分はなかなか教えてくれません。

そこで、ここでは4つの例を参考に動画ビジネスをマネタイズしていく感覚をイメージしてみてください。

いくら高い技術をもっていても、それで継続的に利益を上げることができなければビジネスは成り立たないのですね。

生々しいお金の話にもつながる部分ですが、私は動画で食べていくためにはマネタイズの感覚こそが非常に重要であると考えています。

動画撮影をマネタイズする簡単な4つの例

それでは早速4つの例を紹介していきましょう。ここで紹介するのは以下の4つになります。 

  • セミナー撮影
  • YouTuber
  • WEBプロモーション撮影
  • 動画コンサル

特にセミナー撮影は初心者でも参入しやすいビジネスなので、どうやって収益を上げることに結び付けているのか確認してみてください。

セミナー撮影

当然のことですが、収益を生むためにはあなたの動画撮影に報酬を支払ってくれる存在が必要です。

つまりマネタイズとは、そういった報酬を支払ってくれるクライアントをいかにして見つけていくか…に集約されるといっても過言ではないのです。

セミナー撮影の場合、あなたが行うことはセミナーの撮影です。そこにはもちろん必要な機材の用意に始まり、当日のセッティングなど様々な業務が発生します。

しかしやることはセミナー撮影なので、映像部分は編集の必要性も低く決して難しくはありません。

一見するとこうした比較的簡単な動画撮影はお金を生まないようにも思えます。しかし、実は世の中には自社のセミナーを撮影する知識や技術を内製化することができていない企業が数多く存在しているのです。

そのため、セミナーを適切なかたちで撮影することのできる知識と技術はお金になります。 

マネタイズで最も重要な営業の部分は、様々なパターンがあります。

知り合いの企業からあなたのもとに「今後セミナーを開催するのだけど、動画を撮ってほしい」と依頼がくることもあります。

またクラウドソーシングで、あなたの方からセミナー撮影者を募集している企業に積極的に声をかけていくことも重要になります。

昨今はTwitterやFacebookに動画撮影の技術を有していることを記載しておき、そこから顧客を見つけるという方法もあります。

このようにして営業ができるとお金を生むための大きな一歩を踏み出すことができます。

しかし油断は禁物で、クライアントと接点を持つことができた後はコミュニケーションが重要になります。

つまりクライアントのニーズを適切に聞き取って、それに応じた成果物を納品する必要があるのですね。 また報酬の支払いについて定めた契約を締結することが求められるケースもあるでしょう。

こうした事務作業も自分で行うことができてこそ、安全に収益を得ることができます。

営業、コミュニケーション、契約といった作業は動画撮影の技術とは異なるものですが、収益を得るためには必要不可欠な要素です。

そのため動画撮影で稼ぐためには、こうした直接的に動画撮影と関連しない業務についての知識も必要になるのですね。

YouTuber

YouTuberとしてマネタイズしていく場合、必要になるのが視聴者の求めるコンテンツを作るという感覚です。

コンテンツ制作は制作する側も大いに楽しめる場合があり、制作者側の作りたいものを作ってしまうケースが多々あります。

しかし、それで視聴者を置いてけぼりにしてしまっては再生数が伸びず、マネタイズが難しくなります。

セミナー撮影のようにクライアントからの依頼を受けて動くビジネスはクライアント目線で動画撮影をしやすいのですが、広告収入を得る動画コンテンツ作成でも視聴者目線は非常に重要なのですね。

またYouTubeなどは規約が大きく変わることもあるため、そうした部分に素早く対応することもマネタイズのために重要です。

自分が目指す分野でいかにしてお金が生み出されているのか、こうした点を考えてみると動画で収益を得る方法が見えてくるでしょう。

WEBプロモーション撮影

WEBプロモーション撮影は難易度の高い動画ビジネスであると述べましたが、マネタイズの部分は他の動画ビジネスと大きく異なるわけではありません。

WEBプロモーションをあなたに依頼したいと考える企業を見つけ出す営業の部分が非常に重要で、それさえ見つけることができれば後はコミュニケーションと技術提供で報酬までつながります。

こうしたWEBプロモーションのように編集技術に高いものが求められるジャンルでは、あなたの過去の制作物を整理してクライアント候補者の求めに応じて提出できる環境を整えておくと依頼を獲得しやすくなります。

こうした過去の成果物は「ポートフォリオ」と呼ばれることもあります。依頼を獲得するための準備もマネタイズの一環です。

動画コンサル

コンサルの仕事は動画ジャンルだけにとどまりません。どのようなビジネスであっても一定の経験を積むことで、その知識と経験を後進に伝えることでお金を得られるのです。

動画ビジネスであれば、セミナー撮影でもプロモーション撮影でも、これから始めようと考えている人は決して少なくありません。そのため、あなたが積んだ経験を後進に伝えて、報酬を得ることができます。

しかし動画コンサルは営業の部分が難しくなります。いかにして、お金を払ってでもあなたの知識と経験を共有してほしいと考える人物を見つけ出すかがマネタイズのポイントになりますね。

マネタイズまで教えてくれるセミナーを選ぼう 

このように動画をビジネスにして、それで稼ぐためにはマネタイズの感覚が非常に重要になります。お金を生むための知識と技術を身に着けずに、動画撮影ばかり上手くなっても効率的に稼ぐことはできないのですね。 

あなたがこれから動画ビジネスを学ぶセミナーなどに参加することを考えている場合は、技術のみならずマネタイズまでしっかりと教えてくれるものを選んでください。

動画ビジネスに向いている人

ここまでの内容で、動画で稼ぐイメージが大まかに湧いてきたでしょうか?あなたに合った動画ビジネスを見つけることとマネタイズの感覚が非常に重要です。

しかし、中には「自分が本当に動画で稼ぐことができるようになるのだろうか…」と不安を抱いている方もいるでしょう。 

そこで、記事の最後では「動画ビジネスが向く人」を簡単に紹介したいと思います。ずばり動画ビジネスは以下のような人に向いていると私は考えます。

  • 成長意欲がある人
  • コツコツ作業するのが得意な人
  • デザインが好きな人
  • 人との出会いを楽しめる人
  • セミナーに参加するのが好きな人

以下ではそれぞれについて詳しく確認してみましょう。

成長意欲がある人 

記事のはじめに述べたとおり動画の持つ情報量は文章や画像を遥かに凌駕します。しかし、そうであるからこそ動画コンテンツは質の良し悪しが生まれやすいのです。

また、あなたに高いクリエイティブな能力があれば、それを用いて同業他社には作ることのできないセンスあふれるコンテンツを作成することもできるでしょう。

このように動画コンテンツには他のコンテンツにはない大きな可能性があります。そのため成長意欲があり、常に頭を使うことのできる人物の方が結果として良いものを生み出すことのできる場合が多くなります。

しかし、こちらもセンスのみで決まるわけではなく、過去の経験が積み重なった上に新しい発想が生まれることが多々あります。

そのため、まずは地道に自分にできる動画ビジネスをコツコツと続けていくことが、将来的に大きな成果を生み出すことにつながるでしょう。

コツコツ作業するのが得意な人

この記事でも紹介してきたとおり、動画ビジネスはコツコツした作業が多く発生します。そのため、そうした作業を楽しめる人も動画ビジネスに向いているのです。特に編集作業はトライ&エラーの繰り返しです。

コツコツと作業を続けて、パズルを組み上げるように素敵な動画を作ることができると次の仕事が見つかりやすくなり、あなた自身のスキルもアップするでしょう。

デザインが好きな人

動画を作成することは画像に時間と音声を加えた総合的なデザインです。デザインというと平面の二次元デザインをイメージしてしまいますが、動画にもデザインの知識やセンスはおおいに役立ちます。

もちろん被写体はあなたの臨むとおりに動いてくれないことも多いです。その中で優れたコンテンツを作ることに喜びを見出すことができる人は動画ビジネスで成功できる可能性が高くなります。

人との出会いを楽しめる人

あなたがこれから独立して動画ビジネスを営んでいこうとすると、様々なクライアントと接する機会を持つでしょう。中にはあなたの苦手な人もいるかもしれません。

もちろん誰にでも人の好き嫌いはありますが、そうした面も含めて総合的に人との出会いを楽しめると動画ビジネスがより楽しくなります。

クライアントとの出会いは一期一会と考えて大切にしていってほしいと思います。

また同業他社とともに大きなビジネスに取り組むチャンスもめぐってくるかもしれません。動画ビジネスは様々な人との出会いにつながっているのです。

セミナーに参加するのが好きな人

動画ビジネスにおいて、セミナー撮影は案件数が多く、難易度もさほど高くないです。そのため、仕事に取り組んでいくことで、セミナーに参加する機会は多くあるでしょう。

だからこそ、セミナー自体が好きだと、仕事はとてもはかどると思います。

それこそプロが発信する貴重な情報を、対面で聞くことができるのですから、セミナーが好きな人にとっては役得ですよね。  

まとめ

今回の記事では現代において非常に高い需要を有する動画ビジネスについて紹介しました。

これからビジネスの世界でもプライベートの世界でも動画の需要はどんどん高まっていくことが予想されます。特にビジネスの世界にはまだまだ動画が浸透していません。

こうした中で、いまのうちから動画ビジネスのスキルを身に着けておくことは、あなたの将来の選択肢を大きく広げるでしょう。

以下は今回の記事のポイントです。これから動画ビジネスの世界に足を踏み入れようとするのであれば、しっかりと頭に入れておいてください。

  • 動画の持つ情報量は、これからのコンテンツの主役になる
  • 動画を作成できる人材が不足している
  • 動画ビジネスには大きく分けて8種類がある
  • 成長意欲があり、コツコツとデザインすることが好きな人は動画ビジネスに向いている

繰り返しになりますが、動画ビジネスはあなたの可能性を広げます。副業として始め、いつかは動画ビジネスで一人立ちしていきましょう。

そうして飛び込んだ自由な世界は、きっと色鮮やかで情熱を傾けるに値するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です