あなたも今日からYouTuber!初心者のためのYouTubeライブ配信のやり方マニュアル

 

YouTubeの配信をやってみたくても、どうすればいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

実はYouTubeのライブ配信はとってもカンタン!今日からすぐに無料で始めることができます!

この記事を参考に、テスト配信からでもいいので、配信スタートしてみてください。

YouTubeのライブ配信のメリットとは?

YouTubeのライブ配信のメリットは主に以下の2点です。

利便性が高い

YouTubeのライブ配信は、他の動画配信サービスよりも利便性が高い点がメリットです。

利用者が多いため、対応ハードやアプリが多いのです。そのため、数多くある中から自分に合うものを選ぶことができます。

また、配信動画はそのまま自動的にアーカイブできるので、一度配信した動画は配信後、いつでも視聴できるようになるのです。

画質が良い

YouTubeは他の動画配信サービスよりも高画質で配信できます。
そのため、ライブ配信でも臨場感あふれる映像を視聴者に届けることができるのです!

このように、YouTubeは高機能で便利なのでライブ配信したい人には第一におすすめできる手段だと評価できます。

YouTubeのライブ配信をやる前に準備すること

さっそくYouTubeのライブ配信を始めましょう。

YouTubeのライブ配信は、難しい技術は必要なく、どなたでもカンタンに始められます。

以下が詳しい手順です。

機材を準備する

まずは必要な機材を準備しましょう。基本的に必要な機材は以下の通りです

  • 配信用端末(PCなど)
  • 配信ソフト(OBS Studioなど)
  • マイクとカメラ(PC付属のものでも可)
  • キャプチャーボード(ゲーム配信用)

キャプチャーボードによって接続できるゲーム機は決まっています。各キャプチャーボードの商品説明をよく確認してください。

配信ソフトについては、無料で初心者にも使いやすい「OBS Studio」を配信ソフトとして使用しています。

自分のYouTubeチャンネルを開設する

YouTubeのチャンネルを開設しましょう。

まだお持ちでない方はYouTube配信用のアカウントを作成し、電話番号を使用したアカウントの確認を行ってください。

マイチャンネルの画面から「クリエイターツール」の画面を開き、ライブストリーミングを「有効」にしておいてください。

今日からすぐにできる!YouTubeライブ配信のやり方

準備ができれば、YouTubeのライブ配信は可能となります。

実際の操作方法をご紹介していきましょう。

1.YouTube Studioを開く

YouTube Studioを開く

右上のアカウントマークから、「YouTube Studio」をクリックします。

2.動画⇒ライブ配信⇒始めるをクリック

動画のメニューからライブ配信を選択します。

YouTube Studioを開く

ライブ配信を選択したら、「始める」を選択してください。

YouTube Studioを開く

3.ライブ配信の基本設定を入力する

配信タイトルや開始時間、動画の公開範囲を設定しましょう。

ライブ配信をテストする場合は公開範囲を「非公開」に設定しましょう。

動画についての説明を入れたりすることも可能です。

4.サムネイルを設定する

「予定を作成」を選択すると、サムネイルを設定できる画面になります。

5.配信ソフトの設定をする

OBS Studioを起動し「設定」をクリックしましょう。

「配信」を選択し、サービスを「YouTube / YouTube Gaming」にしてください。

サーバーを「Primary YouTube ingest server」にしましょう。

6.エンコーダーの設定をする

YouTube Studioから「ライブ配信」を開いてください。

「エンコーダの設定」に表示されている「ストリーム名/キー」をコピーしましょう。

コピーしたストリームキーをOBS Studioの「ストリームキー」にペーストすれば設定完了です。

7.配信スタート

OBS Studioの「配信開始」をクリックしてください。

配信する際は、ミスを防ぐためにYouTubeのライブコントロールルームで映像プレビューを確認するようにしましょう。

映像を確認して、配信可能な状態になればYouTubeで「ストリーミング開始」を選択すれば、配信開始です。

YouTubeのライブ配信のやり方をマスターして挑戦しよう!

YouTubeのライブ配信は通常の配信と違い、視聴者とコミュニケーションがとれる点が楽しいポイントです。

ライブ配信は視聴者によりいっそう、親近感を持ってもらえる手段とも言えます。

とってもカンタンなので、この記事を参考にぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です