映像で心をわしづかみ!初心者でも動画広告を成功させるコツ

 

動画広告を打ちたいけど、どのようにやればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では動画広告とは何か?というところから、広告制作・運用の仕方までご紹介します。

動画広告とは?主な3つの種類

動画広告とは主に3つの種類があります。

まず、自分がやりたい広告はどれなのかを考えてみてください。

インストリーム動画広告

インストリーム動画広告とは、YouTubeなどの動画メディアで見たい動画の前に流れるCMのことです。

映像や音声を使い、商品やサービスの魅力を効果的にユーザーに伝えることができます。

インバナー広告

インバナー広告はインターネットでの各ページを閲覧している最中に、従来のバナー広告の枠に映像を流す広告です。

音声はデフォルトでオフになっており、興味のある人だけオンにできる仕組み。動画視聴サイト以外でも広告を流すことができるので、リーチが増えます。

インリード広告

インリード広告はWebページを閲覧中に、動画広告が画面に表示されてから再生が始まる広告です。

訪問者の目を一気に引き付けるので、注目度が高まる効果が期待できます。

インパクトは抜群!動画広告のメリットとデメリット

動画広告のメリットとデメリットを解説します。

それらを確認したうえで、本当に動画広告が必要かどうかを考えてみてください。

 動画広告のメリット

  • 興味関心をひきやすい
  • 費用対効果が明確に把握できる

動画は他の広告と比べて伝えられる情報量が多いため、わかりやすく、人の感情をとらえやすいメリットがあります。

また、動きがあるので興味関心を惹きやすいのです。テレビCMと違って、効果が明確に測定できるのも、ネットならではのメリットですね。

動画広告のデメリット

  • 映像の制作にコストがかかる
  • 映像の出来が悪いと効果がない
  • 通信環境が悪いと閲覧されない

動画広告は、映像制作に手間がかかることがもっとも大きなデメリットです。

また、映像の出来が悪いと効果を感じることができません。

動画の再生に大きなデータの通信が必要となるので、通信環境が悪いユーザーには敬遠され、見られなくなってしまう点のもデメリットです。

成功には目的設定が超重要!動画広告を制作する手順

動画広告で成功するには明確な目的を設定し、正しい手順を踏んで制作することが大切です。

ここからは動画広告を制作するうえで大切なことをご紹介します。

動画広告を使用する目的の設定

1.認知拡大

認知拡大をするためには、SNSでシェアされるような映像を制作するのが必要です。

SNSでシェアされるために共感・感動を得るようなストーリー作りが何よりも重要となります。短時間で感動できる、ドラマ動画が王道パターンです。

もしくは認知の低い層へターゲットを設定し、ターゲットに合わせた商品魅力を伝える動画をつくるのもよいでしょう。

2.販売促進

販売促進のためには、商品購入に至る可能性が高い層にターゲットを設定するのが何よりも重要になります。

制作する映像は商品の魅力を簡潔に伝えるものが王道です。インパクトを重視して、WEBへの誘導を重視するという方法もあります。

3.ブランディング

ブランディングには共感や感動が重要なので、自社の価値を高める映像を企画して作る必要があります。企画力が非常に重要です。

会社の持つ理念やサービスに対する信頼が得られるような作品をつくるため、必ず企画のできるプロの制作業者といっしょに制作してください。

動画広告の実施までの手順

1.動画の企画制作

まずは目的に沿って動画の内容を企画し、制作しましょう。

企画の段階から映像制作会社に入ってもらい、企画してもらうのがオススメです。

過去の実績を見て、制作したい映像のイメージに合った映像制作会社を選んでください。

2.動画広告の出稿と広告運用

動画の配信は適切な配信プラットフォームを選ぶことが重要です。

動画というとすぐにYouTubeをイメージするかもしれませんが、YouTubeだけではありません。

たとえば、ブランディング広告ならユーザーと企業が直接対話できるFacebookやTwitterのほうが有効なケースが多いでしょう。

広告を出稿した後は、効果計測を行いながら、もっとも有効な広告の出し方を研究していかなければなりません。トライ&エラーを繰り返しながらベストな広告運用の仕方を学んでいくのです。

広告運用で出てきた課題が次の動画企画へとつながることもあり、PDCAサイクルを回していくことが動画広告の精度を上げるカギなのです。

動画広告は見せたい映像が明確な企業ほど有効

動画広告は制作した動画がどれだけ優れているかが重要です。

そのためには、見せたい映像・メッセージが明確に見えている必要があります。

実際によい動画がつくれれば、視聴者の心をがっちりとつかむことができます。「予算が高いだろう」とあきらめるのはもったいない!

ぜひ、この記事を参考に動画広告に挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です