メールで動画を送る必要なし!アップローダーより簡単なYouTubeで限定公開をする方法

 

動画ファイルを共有する時、ファイル便やDropboxを使いつつも、スマホの端末によっては「見れない」と言われたりして、どうやって共有すればいいか困ったことはありませんか?

YouTubeの動画の限定公開は気軽に動画情報を共有できる手段です。カンタンな設定でネットに詳しくない相手にもわかりやすくデータ共有ができちゃいます!

この記事では、YouTubeで動画の限定公開を行う方法を説明しますので、参考にしてみてください。

 YouTube動画の「限定公開」は何が違うのか

そもそもYouTubeの「限定公開」とは、他の公開手段と何が違うのかを紹介していきたいと思います。

だれでも閲覧可能な「公開」

いつも皆さんが見ているYouTubeは基本的に「公開」設定がなされたものといってよいでしょう。

誰でも閲覧が可能で、検索したときに表示されるので、不特定多数の人に公開されますし、自分のチャンネルのアップロード画面に表示されます。

この方法は不特定多数の人に公開してしまうので、特定の人に共有する方法としては不適切です。

内輪で楽しみたい人向けの「非公開」

非公開は自分と共有を許可した一部のユーザーしか閲覧することができません。

チャンネルに表示されることはありませんし、検索しても動画は表示されない設定です。

ただし、公開された映像はYouTubeにログインしていないと見られないので、ごく一部の人との共有や、自分用のバックアップなどに向いています。

欠点としてはYouTubeを使い慣れた人じゃないと、共有の許可などの設定がわかりづらいという点です。日ごろからログインしてYouTubeを使っている人なら、とくに困ることはないでしょう。

招待制イベントやゆるく内輪で楽しむ「限定公開」

限定公開は、アップロードした動画をURLを知っている人にしか見られない設定です。

検索結果や自分のチャンネルにも表示されることはありません。

招待制イベントや気軽に仲間内で楽しみたいときに便利です。YouTubeを使い慣れていない人でもアクセスするだけで動画が見られます。

悪意を持ってURLを拡散されない限りは他人に見られることはありませんので、手軽かつプライバシーを守る公開手段です。

YouTubeにアップロードする動画を限定公開に設定する方法

YouTubeにこれからアップロードする動画を限定公開に設定する方法はカンタンです。

その手順を詳しくご紹介します。

1.動画をアップロードする

YouTubeで動画をアップロードするボタン

YouTubeにログイン後、画面上部に表示されている「アップロード」のアイコンをクリックしてください。

2.アップロードを行うファイルを選択する際に公開範囲を選択

YouTubeにアップロードを行うファイルを選択する前に、アップロードする動画のプライバシー設定を行うことができます。

画面中央に表示されているドロップダウンメニューをクリックし、限定公開を選択してください。

3.アップロード中にも公開範囲を選択できる

動画のアップロードが終わる直前にも公開範囲を選択できます。

アップロード中に公開範囲を設定

「限定公開」に設定し忘れていても、このタイミングで設定することも可能です。

4.完了をクリックして動画のアップロード完了

プライバシーの設定が完了し、動画のタイトルや説明などの設定しましょう。
動画の設定がすべて完了したら「完了」ボタンを押せば、限定公開でのアップロード完了です。

 YouTube動画を公開後に限定公開に変更する方法

間違えて動画を公開にしてしまったり、やはり限定公開にすべきだったと思った時でも、設定を変更することができます。

1.YouTube Studioの画面を開く

YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックしてください。

YouTube動画を公開後に限定公開に変更する方法

表示されたメニューの中から「YouTube Studio」をクリックします。

2.メニューから「動画」を選択

メニューから「動画」を選択

3.動画の一覧から限定公開に変更したい動画を選択

各動画のプライバシー設定は、各動画の右側に表示されるアイコンで確認可能です。

動画の一覧から限定公開に変更したい動画を選択

4.公開設定を変更する

公開設定の表記を選択すると、公開設定を選択できます。

公開設定を変更する

YouTubeの限定公開は気楽な動画共有手段になる

YouTubeの限定公開は仲間内やサークル内でのイベントで使用できたりなど、プライベートな利用の仕方ができるので便利です。

誕生日や結婚お祝い用に制作した動画を仲間内でチェックするための情報共有用などに使うのもいいですね。

ぜひ、上手に活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です